ふくしまふるさとワーキングホリデーについてふくしまふるさとワーキングホリデーについて

福島県内に一定期間滞在し、県内の企業や農家などで就業し、収入を得ながら田舎暮らしを体験していただく新しい制度です。
地域の方々との交流を通じて、通常の旅行では味わえない地域の特色や人柄を肌で感じていただけます。
海、山、街の多様な地域を持つ福島は、観光、農業、酒造、先端産業などなど、幅広いジャンルの仕事や交流イベントを用意しています。
来て、見て、暮らして分かる「ふくしまの今」を感じてみませんか?

募集内容

募集人数
約200名
実施時期
平成29年8月〜9月(夏期)※10月・11月の参加も募集中
平成29年12月〜平成30年3月(冬期)
滞在期間
2〜4週間程度(相談に応じます)
就業業種
スキー場、旅館・ホテル、農業、林業、観光業、酒造業 など
イベント
被災地域などを巡り「ふくしまの今」を見て、触れて、感じる学びのツアー
地域の特色をいかした体験イベント、地域住民との交流会 など
参加対象
福島県外に現に居住されている方(出身地問わず)
その他
予定期間を満了した方に福島県から修了証を交付
Works 一覧Works 一覧
Q & AQ & A
応募する応募する
参加者の体験談参加者の体験談